日・中・韓 3テナーによる特別コンサート

in 長崎県庁 展望ホール 開催!

日時:2018年921日(金)12:20〜12:50

会場:長崎県庁 8階 展望ホール 入場無料

この秋、世界各国のステージで活躍する、東アジアの新進気鋭のテノール歌手たちが、長崎に集結します。圧巻のオペラアリアのひと時、どうぞお楽しみください。

PROGRAM

 

■オペラアリアから

 誰も寝てはならぬ  Nessun dorma オペラ『トゥーランドット』より  

 妙なる調和  Recondita armonia オペラ『トスカ』より

 衣装をつけろ  Vesti la giubba オペラ『道化師』より

■カンツォーネから

 帰れソレントへ  Torna a Sorrento

 忘れな草  Non ti scorda di me 

 マンマ  Mamma

ARTISTS

ハオ・シンワ HAO XHINGWA / テノール

(第5回 マダム・バタフライ国際コンクールin長崎 第1位)

キム・ジョンキュ KIM JEONGKYU  テノール

(第3回 マダム・バタフライ国際コンクールin長崎 第1位)

岡田尚之 OKADA NAOYUKI   テノール

(第3回 マダム・バタフライ国際コンクールin長崎 第2位)

山浦直子 YAMAURA NAOKO  ピアノ


長崎とバタフライ

皆さんよくご存知のように、長崎は、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の舞台です。長崎港が見渡せる丘の上で繰り広げられる、蝶々さんが貫いた愛の物語。それは、プッチーニの甘美なメロディーとともに、世界中の人の心をとらえ、オペラ劇場で人気の演目のひとつです。

2004年から過去5回、長崎で開催されてきた「マダム・バタフライ国際コンクールin長崎」では、多くの優秀な若手オペラ歌手を輩出してきました。アジアに開かれた長崎、古くから人々の交流が途絶えなかった長崎。コンクールには、アジアからの、とりわけ中国、韓国から多くの参加者があり、素晴らしい歌声を競い合いました。

今回は、入賞者の中から、現在母国で、そして世界で活躍を続ける3人のテノール歌手を長崎に迎えます。蝶々さんが、募る想いを胸に秘め、来る日も来る日も眺めていたであろう長崎の港。その長崎港が見渡せる新県庁8階の展望ホールで、珠玉のオペラアリアをお楽しみください。